Start content

岩手県洋野町地域おこし協力隊募集

令和2年度の地域おこし協力隊募集が始まりました。
今年度は8つのプロジェクトで募集しています。
新たなことにチャレンジする人を支援する受け皿となり、子どもたちに地域の楽しい未来を繋ぐために一般社団法人fumotoが支援いたします。

※一般社団法人fumotoは洋野町地域おこし協力隊OBの大原が設立。
地域おこし協力隊の任期後を自分で見出していかねければいけない難しさと、
地域が人口減少や担い手不足で地域経済が衰退していく現状を目の当たりにしました。
この課題解決に取り組むために、地域の課題に取り組む地域おこし協力隊と伴奏し、任期後のキャリアと地域課題の解決を目指す受け皿を作りたいと思いました。

まだまだ立ち上がったばかりの組織ですが、これから来てくれる皆さんと地域を築いてきた町の人と共に次の未来に向かっていきたいと思います。

『私たちが伴奏します』

大原 圭太郎

代表理事。1980年生まれ。宮城県仙台市出身。宮城文化服装専門学校夜間部卒業後、アパレル小売店で働き、東日本大震災の翌年に退職、仕事をしながらアパレルブランドを運営、その後都内のセレクトショップで勤務。2016年10月より洋野町地域おこし協力隊と なり、今年9月で任期を終え一般社団法人 fumotoを設立、子どもたちに楽しい未来を繋ぐまちづくり目指し取り組みを行っていく。最近は毎朝子ども二人のブランコに付き合うのが日課。

眞下 美紀子(まっかみきこ)

理事。パラレルワーカー。飲食チェーンにて、店長、FC店店長教育、社内大学(店長育成)の研修設計、研修講師等を経て2016年に地元(岩手県洋野町)企業の(株)ひろの屋に入社。海産物のブランディング、国内外の販路拡大の業務に従事。
現在は、地域内の高校などと連携したキャリア教育・産業教育などのプロジェクト遂行やまちづくりのワークショップ設計なども行う。

募集内容

今回8つのプロジェクトで洋野町地域おこし協力隊を募集します。
募集期間は9/1〜10/30(金)まで。
それぞれの募集内容は下記からご覧ください。

  1. 放課後児童クラブコーディネーター
  2. 大野畜産公社運営支援員
  3. 遊休農地を活用した農業
  4. 観光振興推進員
  5. サーフツーリズムプロジェクト
  6. ジオ・トレイルツーリズムプロジェクト
  7. おおのパン工房運営支援員
  8. 企画提案型

どんなところで働くの?

サーフツーリズムプロジェクト

詳細を見る

ジオ・トレイルツーリズムプロジェクト

詳細を見る

おおのパン工房運営支援員

詳細を見る
PAGE TOP